SNS炎上を予防するための4つの注意点
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回はSNSの炎上を予防するための注意点を解説します。
リード獲得の手法として要注目のSNSマーケティングですが、どうしても気になるのが「炎上」のリスクです。

「もし自社が炎上したらどうしよう……」と考えて二の足を踏む人も多いことでしょう。

しかし、炎上してしまうのを恐れてSNSマーケティングを行わないのは非常にもったいないことです。

そこで今回は、炎上を予防するための注意点について解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。

SNS炎上を予防するための4つの注意点

誤って投稿しないように注意する

SNS炎上の一因となるのが、「誤った投稿」です。

機密情報の漏洩など、秘匿性が高い情報を誤ってSNS上に投稿してしまった場合、炎上となる恐れがあります。

情報管理は経営上重要視されており、問題だと感じる人は多く存在します。
このタイプの人が「あの会社は情報管理はなっていない!」とSNS上で発信すると、共感・同調した人がどんどんと拡散して炎上に至ってしまうのです。

初歩的なミスだと甘く見ずに、誤った操作による誤投稿を撲滅できるようにしましょう。

それが炎上予防の第一歩です。

個人情報・プライバシーの漏洩に注意する

個人情報・プライバシーの漏洩にも気を付けましょう。
従業員が自分や同僚、顧客の個人情報を発信してしまうと炎上につながる可能性があります。

SNSはある程度個人的な情報を発信したほうが好感度を高められるという側面も確かにあります。
また、お客様の声としてある程度プライベートな記載も含めたほうがより信憑性が増すという可能性もあります。

しかし、例えば家族構成や勤務地、給与額など一般常識に照らし合わせて公開すべきでないレベルの情報まで発信するとプライバシーの漏洩とみなされてしまうでしょう。
お客様の声についても、本人が意図しない深い情報を発信した場合プライバシーの侵害と取られる可能性があるかもしれません。

この場合も炎上に至る恐れがあるので、個人的な内容のコンテンツは情報公開をしても良いか慎重に判断しましょう。

信憑性が無い情報は発信しない

これも炎上予防のために重要です。

例えば医学的に根拠がない内容を企業アカウントで発信した場合、嘘の情報を発信したとして炎上する可能性があります。

自社の専門領域であれば、真偽の判断はしやすいと思うのでまずは注意しましょう。

また、自社の専門領域とは異なるネタについては、発信を差し控えるのが賢明かもしれません。

もし内容の信憑性に問題があるのではないかと心配になったら、一旦公開を延期してリサーチをし直したほうが賢明と言えるでしょう。

センシティブな話題は避ける

センシティブな話題を避けることも重要です。

例えば政治・宗教や思想信条に関しては、どうしても肯定派・否定派の両方が存在するため議論になりやすい話題です。

SNSは文字情報だけでのやり取りとなり、かつ前提条件の共有もしにくいので簡単にエスカレーションしてしまいます。

相手が感情的になると炎上のリスクも加速度的に上がってしまうので、企業アカウントでセンシティブな話題を発信することは避けたほうが賢明でしょう。

SNS炎上は「情報漏洩を防ぐこと」と「慎重な発信」で予防しよう!

今回はSNSでの炎上を防ぐための注意点についてお伝えしました。

炎上には様々な種類がありますが、情報漏洩を防ぎ、慎重な発信を行うことでリスクは減らせます。

リード獲得の視点からもSNSマーケティングは重要な施策なので、炎上を予防してしっかりと取り組みましょう!

これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。
また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。

極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中
この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事