SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の定義とは
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の定義について解説します。
SNSとは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」のことで、社会的な関係性を構築できるWebサービスの総称です。

主に、メッセージ・メール機能、電話機能、記事投稿機能、グループ交流機能を持っていて、家族、恋人、友人やビジネスパートナーとの交流を活性化させることが出来ます。

基本的に「SNS」と呼ばれるサービスは、上記の機能を複数持っています。
一方で特定の機能に特化したアプリがSNSと呼ばれることもあります。
具体的には無料オンライン電話サービスの『Skype』がSNSと定義されることがあります。

また、ゲームなど元々別の機能が主体のWebサービス・アプリケーションにSNS機能が追加されることもあります。

元々は既存会員から招待されないと利用できない「招待制」のサービスからスタートしましたが、現在では誰でも登録できる仕組みが一般的です。

なお、SNSはよく「ソーシャルメディア」と呼ばれることがあります。
しかしソーシャルメディアは厳密にいえばWEB上のサービス全般を指し、ブログやホームページ、掲示板サービスも含まれるので注意しましょう。

「SNSマーケティング」を考える際にも、SNSの基礎的な定義は重要なのでぜひチェックしてください。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。
これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。
また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。

極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中
この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事