そもそも『SNS炎上』の定義とは
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回はSNS炎上の定義について解説します。

SNSにおける炎上は総務省で次のように定義されています。

『「炎上」とは、「ウェブ上の特定の対象に対して批判が殺到し、収まりがつかなさそうな状態」「特定の話題に関する議論の盛り上がり方が尋常ではなく、多くのブログや掲示板などでバッシングが行われる」状態である』
引用:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd114300.html

その他の定義も含めると、「ソーシャルメディア上である企業や人物に対して批判が殺到する現象」とまとめられそうです。
参照元:https://www.glocom.ac.jp/wp-content/uploads/2016/04/20160510_Yamaguchi.pdf

SNS炎上を企業側の視点から見ると、ネガティブなコメント・口コミが多発している状況と言い換えられるでしょう。
会社の評判が落ちてしまったり、サービスのネガティブな口コミが発生している状態が想定されます。

リード獲得・アポ獲得を考える上でも決して好ましい状態とは言えないので、出来るだけ予防や対策をしていきたいですね。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。
これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。
また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。

極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中
この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事