SNSマーケティング外注の費用相場
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回はSNSマーケティングを運用代行業者に外注するときの費用について解説します。
適切に取り組めばリード獲得にも効果的なSNSマーケティング。

とはいえ、ノウハウやリソースが無い中で0から取り組むのは中々難しいのが実態です。

そこで今回は、SNSマーケティングを代行業者に外注した際の費用相場についてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。

SNSマーケティング費用相場

相 場 月額10万円以下 月額20万円~30万円 月額50万円~
目 的 低コストでSNS運用代行を始めたい 定期的な投稿に加えてコメント返信などまで
代行してほしい
広告・解析まで含めトータルでSNS運用サポートを受けたい
作業範囲 記事投稿
投稿代行
記事作成
投稿代行
コメント確認・返信
簡易的なレポーティング
記事作成
投稿代行
コメント確認・返信
レポーティング
定期ミーティング
広告運用

引用:WEB幹事『SNS運用代行の費用と相場を徹底解説!【相場早見表・事例あり】

こちらがSNSマーケティングの費用相場となります。

それぞれ次のような業務を行ってもらえます。

月額10万円以下

一番基礎的なプランです。記事の代行作成や投稿代行を行ってもらえます。
依頼する企業にネタとなる情報を共有することで、記事執筆や投稿代行を行ってもらえます。

もしネタだけでなくある程度文章化し、写真なども準備したうえで情報共有をするともう少し費用を下げることも可能です。

ただそこまで行うのであれば投稿まで自社で実施するほうがリーズナブルだといえます。

「忙しくて目も回らないくらいだが、とにかくまずは初めて見たい!」という人はこのプランを選ぶと良いかもしれませんね。

月額30万円前後

10万円前後のプランに比べてサービス内容とサポート内容がレベルアップしています。
記事作成や投稿代行はもちろん、コメント確認・返信、簡易レポートまで対応してもらえます。

コメントでのコミュニケーションはエンゲージメントの強化に役立ちますし、もしクレームに近いコメントが付いた際の「火消し」にもなります。

簡易レポートも、より効果的な投稿を行う際の判断基準にもなります。

もし予算が確保できるのであればこのプランから始めてみると良いでしょう。

月額50万円以上

月額50万円以上は、SNSマーケティングが最優先課題となる企業向けのプランです。

記事作成、投稿代行、コメント確認・返信に加えて、詳細な分析付きのレポーティングや訪問も含めた定期ミーティング、さらにはSNS広告の運用もプランに加わってきます。

炎上リスクも視野に入れないといけない大手企業や、SNSが集客に効果を発揮しやすいBtoC企業、そして基本的な施策をやり尽くしたマーケティング上級者のBtoB企業向けのプランだといえるでしょう。

代行してもらえる作業の内容

前の段落の補足として作業内容について改めてまとめます。
費用に大きく関係する項目なのでチェックしてみてください。

原稿作成

SNSに投稿する記事の原稿を作成してもらえます。
ネタとなる情報と写真を提供することで、SNSに合わせた記事の執筆をしてもらえます。

また、写真については撮影代行をしてくれる業者もあります。
工務店など完成品の写真が重要な業種にとってはありがたいサービスだと言えるでしょう。

投稿代行

原稿作成の後の実際の投稿も代行してもらえます。
各SNSに合わせた微調整を行ったうえで、希望のタイミングに合わせて投稿をしてもらえます。

コメント確認・返信対応

投稿した記事に寄せられたコメントの確認や返信もしてもらえます。

コメントの内容によってはその後の注文に繋がったり、逆にクレームに発展する可能性もあります。

実はセンシティブな対応が必要な作業なので、不安がある場合は依頼をしてみても良いでしょう。

月次レポート作成

投稿の内容やその後の数値データをまとめたレポートを作成してもらえます。
運用改善のためには定期的な振り返りが重要なので、こちらも大切なサービスです。

報告会の開催

レポートに加えて、報告会を開催してもらうことも可能です。
その場で今後の運用方針について検討を加えていくことで、よりスピーディーに改善をすることが可能です。

補足
別途費用が必要ですが広告代理店を兼ねているSNS運用代行業者なら、広告運用を依頼することも可能です。
基本的に別料金なので注意しましょう。

依頼する際のポイント

SNS運用代行業者に依頼する際に、事前に押さえるべきポイントがあります。

こちらを理解しておくことでボタンの掛け違いから効果が出なくなることを防げます。

SNSマーケティングを行う上での基本的なポイントでもあるので、チェックしてみてください。

直接サービスを売り込む媒体ではないと理解する

まず、SNSは直接サービスを売り込むことは不得手な媒体です。

SNS上でのキャンペーンを行うことももちろん可能ですが、短期的な売上だけで見るなら他の施策の方が効果的なこともしばしばあります。

SNSの強みは、ユーザーとのコミュニケーションをとる中で結果的に認知が拡大したり、公式HPへの流入が増えて行ったりという効果が期待出来ることです。

なので、短期的な売上だけ見るのではなく将来的に売上につながることが期待できる指標を重点的に見たほうが良いでしょう。

炎上リスクについて理解する

SNSには炎上リスクが付きまといます。

自社の対応がまずかったために、炎上に発展するというケースも確かに存在します。

不祥事や誤解によるものなどSNSの利用が原因ではない炎上もありますが、念のためSNSと炎上が結び付きやすいことは押さえておいた方が良いでしょう。

SNS炎上の原因についての記事で詳細に解説しているので、併せて確認してみてください。

どのSNSが自社にマッチしているか見極める

SNSは商材ごとに相性が良いかどうか分かれます。

一例でいえば、美容系の商材ならInstagramとの相性が良いでしょう。

ビジネス系のツールだと、比較的TwitterやFacebookが有効と思われます。

最終的に全てを試すのはもちろん良いのですが、最初はある程度相性の良さそうなものに絞り込んだほうが効果は出やすいでしょう。

SNS代行業者の選び方

SNS代行業者を実際に選ぶ際のコツについても解説します。

ポイントは明確なので、具体的な業者選びの参考にしてみてください。

効果測定の基準を明確にしている

まずは、効果測定の基準を明確にしているかチェックしましょう。

SNSは施策としては難易度が高く、効果が本当にあったのかどうか分かりにくいものがあります。

一方でしっかりとしたノウハウがある業者であれば、今成功しているのか失敗しているのか明確な判断基準を持っています。

判断基準の有無から、SNS運用代行業者の能力を推し量るのが良いでしょう。

費用を明確にしている

次に費用を明確にしているかどうかも重要です。

SNSの運用代行は作業工数が見えにくい点が確かにあります。
なので費目ごとに何円であり、なぜその費用なのかの明示をしている企業がオススメです。

また、初期費用・広告費用についてもしっかりとチェックをしましょう。

広告費やキャンペーン費は別途の請求の事が多いので注してください。

希望の業界・業種で実績があるかどうか

SNSマーケティングを行いたい業界・業種での実績も確認しましょう。

SNSの運用は個々人のノウハウによって結果が左右されがちな施策です。

リスクを軽減してしっかりと成果を上げるためには同じ業界で成果が出ていることが重要です。

業界独特の反応なども踏まえてアドバイスを貰える可能性が高くなります。

SNS運用代行のメリット

効果が出やすい

SNSマーケティング業者に依頼した方が成果が出る可能性が高くなります。

会社全体で何十件、何百件と運用をしている会社もあるので初心者の自分たちが運用するよりも好反応が期待できる可能性は高いです。

業務負担の軽減が可能

SNS運用は意外と工数の負担があるのですが、その負担を軽減することが出来ます。

一つの投稿をアップするだけで、写真の撮影、文章の検討、アップ後のデータ入力など付随する業務も含めるとバカにならない手間がかかります。

この手間の大半をアウトソーシング出来るのはメリットだと言えるでしょう。

炎上リスク軽減が可能

SNSマーケティング業者に依頼すると炎上リスクの軽減が可能です。

SNSのプロが投稿のチェックやコメント対応をするので、不慣れな自社スタッフが対応をするよりも不用意な発言をする可能性は低くなります。
もちろん運用体制が整備されているため操作ミスなどに起因する炎上も回避できます。

もちろん全ての炎上を防ぐことは難しいのですが、別メニューでSNS監視業務も行っている企業であれば未然防止についても対応してもらえます。

これはプロに依頼するメリットだと言えるでしょう。

SNS運用代行のデメリット

コストがかかる

自社で実施すれば人件費だけしかかかりませんが、SNSマーケティング業者に依頼すると手数料が発生します。

もちろん、費用を踏まえたうえでもメリットがあると思うから依頼をするのですが、SNS運用が優先順位の低い施策だった場合コスト負担の方が大きくなってしまうでしょう。

ノウハウが蓄積できない

SNSに関するノウハウが蓄積できないのもデメリットです。

ノウハウの蓄積が出来ないと、「効果を出すためには手数料を支払い続けるしかない」という状態になります。

本来SNSは無料でできるので、コストを払い続けること自体がナンセンスかもしれません。

ノウハウの蓄積の観点からいえば、安易な依頼はデメリットがあるとも言えるでしょう。

人材が育たない

「ノウハウの蓄積が出来ない」と似たデメリットとして、人材が育たないことも挙げられます。

SNSの運用を実際に自社の社員が手掛けていけば、その社員のスキルアップが可能になります。

また、SNSの運用で得た知見を基に別のマーケティング施策でも効果を出せるかもしれません。

人材が育つチャンスを放棄しているとみなすのであれば、SNS運用の代行はデメリットだと言えるでしょう。

SNSマーケティング代行のオススメ業者

株式会社ガイアックス

株式会社ガイアックスは国内でも有数のSNSマーケティング会社です。
ソーシャルメディアについてのオウンドメディアでも積極的に情報発信を行っています。
大手企業中心にクライアントも多く、もしSNS運用代行を依頼したいのなら候補に入れたい企業です。

 

アディッシュ株式会社

アディッシュ株式会社は、株式会社ガイアックスと資本関係にあるSNSマーケティング会社です。
「ネットいじめ」対策サービス、SNS用ツールの開発など独自サービスを多く手掛けています。
FrontSupport”というサービス名のSNS運営代行も行っており、有力な候補となり得る企業です。

 

株式会社Tenmu

株式会社Tenmuは、SNSマーケティング支援並びに映像制作を手掛ける企業です。
戦略の立案から、クリエイティブ制作、投稿後の分析までを丁寧かつ一貫して行うのが特徴です。
特に写真や動画などのクリエイティブの質にはこだわりを持っています。

 

GLOBAL LINK JAPAN

Instagramの運用には自信アリ

GLOBAL LINK JAPANはWEBマーケティング支援を幅広く手掛けている企業です。
SNS運用代行並びにSNS広告運用代行に注力しており、現在はInstagramとYoutubeに注力をしています。

 

テテマーチ株式会社

上場企業実績多数の信頼

テテマーチ株式会社は実績が豊富で業界でも有名なSNSマーケティング会社です。
上場化粧品会社やお菓子メーカーがクライアントであるなど、SNSの運用が重要視される領域で確かな成果を上げています。

MARQS株式会社

大阪から全国の依頼に対応

MARQS株式会社は大阪府に本社のあるHP制作並びにSNSマーケティングの企業です。
写真、動画などのクリエイティブ制作からレポートまで一貫して対応をしてもらえます。
特に撮影には力を入れており、画像の品質には自信を持っている企業です。

株式会社ライトアップ

上場企業で規模は大きい

株式会社ライトアップは、主にビジネス向けツールの開発・販売を行っている企業です。
HP制作サービスの関連業務の中にSNS運用代行があります。
一見メイン業務ではないように見えますが、「支援アカウントフォロワー累計1300万人」と着実に実績を積み上げています。

どこまでSNSマーケティングに力を入れたいのかで費用が大きく変わる!

今回はSNSマーケティングの費用相場についてご紹介しました。

最低限の対応から、本格的なマーケティングとしての対策まで、SNSマーケティングの代行業者に依頼できる範囲は非常に広いものがあります。

そのため、自社がどこまでSNSマーケティングに力を入れるつもりなのかもよく検討した方が良いでしょう。

ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

『EMEAO!(エミーオ)』で新規集客しませんか?

BtoBマッチングサイト『EMEAO!(エミーオ)』では掲載業者様を募集中!
「簡単・手軽・格安」で高品質案件をゲット出来ます。

姉妹サイト『もっと知るエミーオ!』では問い合わせ事例などの極秘情報を大胆に情報提供中!

この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事