オススメのBtoB資料請求サイト一覧

編集担当 田村

皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回はオススメのBtoB資料請求サイトをご紹介します。

リード獲得を手軽に実現できるのが、資料請求サイトや比較サイトです。

掲載をするだけで、早ければ即日見込み客情報を獲得することが可能です。

では、そんな資料請求サイトはどこがオススメなのでしょうか?

今回は資料請求サイト運営業者の視点も交えながら、オススメのサイトをご紹介します。

自社にマッチした資料請求サイトをぜひ見つけてみてください!

補足

資料請求サイトと類似した仕組みの集客サービスとして「比較サイト(一括見積もりサイト)」もあります。
オススメの比較サイトを紹介した記事もあるので併せて確認してみてください。

注意

本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。

目次

BtoBでオススメの資料請求サイト7つ

EMEAO!(エミーオ)

EMEAO!(エミーオ)はコンシェルジュ型マッチングサービスです。
実は特定のカテゴリーは「資料請求サイト」として運営がされています。

特徴は「資料請求者に対する全件ヒアリング」
通常資料請求サイトは「資料ダウンロード」までを成果とみなしているため、「情報収集だけ」というユーザーがどうしても紛れ込みます。

EMEAO!では、資料ダウンロードまでの費用をリーズナブルに抑えつつ、資料請求者へのヒアリングに成功した案件を「プレミアム案件」として送客可能。
ベースがコンシェルジュ型サービスだからこその手厚いサポートが特徴です。

「集客はしたいが資料請求サイトからのリードは冷やかしが紛れ込むのではないか……」と心配な方は、一度問い合わせてみると良いでしょう。

メディアレーダー

メディアレーダーは、特にマーケティング系の商材に強い資料請求サイトです。

驚くのは一件当たりのリード獲得単価です。
なんと、資料請求段階の成果報酬費用「2,000円~」しかかかりません。
実は私も一度資料請求をして電話で話を聞いたことがあるのですが、本当にこれだけしかかからないのです。

仮に5件に1件しか商談につながらないとしてもCPA1万円なので、費用においてはメディアレーダーにかなうサイトはないでしょう。

資料請求サイト・比較サイトは複数登録するのも効果的ですので、マーケティング系の商材を持っているならひとまず登録してみるのも良いでしょう。

ターゲットメディア

ターゲットメディアも、マーケティング・広告系商材に強い資料請求サイトです。

メディアレーダーと運営会社が同じで姉妹サイトとして相互に集客を行っています。

ターゲットメディアでは会員登録をした人へのメルマガでのアプローチも行っており、メディアレーダー単体よりもさらにリード獲得がしやすくなっています。

価格は資料請求段階の成果報酬「3,500円~」とこちらも非常にリーズナブル。

マーケティング系の商材を持っている企業であれば、こちらも登録しておくと良いかもしれませんね。

LISKUL

LISKULは一部上場企業ソウルドアウトが運営するWEBメディアです。

資料ダウンロードコーナーがあり、自社の資料を掲載することが可能です。
LISKULの特徴は月間70万UUと業界でもトップクラスの閲覧数を誇ることです。

一資料までであれば無料掲載も可能なので、まずは載せてみることが出来るのも嬉しいポイントです。
有料サービスを活用すると、サービスと相性が良い人気記事の中に誘導文を記載してもらえたりメルマガ内でPRしてもらえたりと、より効果的なリード獲得が可能となります。

月額固定制と成果報酬制の主に2つのプランがあるため、より費用対効果が高い課金体系を選ぶことができます。

集客力が重要だと考える方は、一度問い合わせてみると良いでしょう。

Boxil

Boxilは知名度の高い資料請求サイトです。
運営会社はインサイドセールス支援業務なども積極的に行っており、WEBマーケティングには自信を持っている会社です。

近年では「SaaS」系サービスの比較が出来ることを謳ってユーザーに訴求をしています。
実際にSaaS型の業務効率化ツールを提供している企業にとっては有力な選択肢となるかもしれません。

掲載企業向けページに費用が掲載されており、価格はダウンロード一件12,000円~となっています。
また記事広告やバナー広告のメニューもありBtoB領域で認知拡大を目指す企業向けの広告も提供しています。

ITトレンド

ITトレンドは、比較的老舗の資料請求サイトです。
特徴はIT製品に強いこと。
勤怠管理システムや、会計ソフト、給与計算システムなどのカテゴリーがあります。

またBIツール、チャットツールなどトレンドの製品の集客も行っており、感度高く運営していることがうかがい知れます。
ツールベンダーの企業は、掲載を考えてみても良いのではないでしょうか。

Bizトレンド

Bizトレンドも知名度のある資料請求サイトです。
ITトレンドと運営会社が同じでスキームも似ています。

ITトレンドよりも研修やアウトソーシング系のメニューが多めなのが特徴。
「社宅管理」というユニークなカテゴリーもあります。
もし、ITトレンドでは上手く一致するカテゴリーが無かった場合は、こちらの掲載も検討してみると良いでしょう。

質ならEMEAO!・価格ならメディアレーダー

今回はおすすめの資料請求サイトを一覧にしてご紹介しました。

各社とも得意分野が異なっているので、自社にマッチしたサービスを選べると良いですね。

また費用がリーズナブルなのが資料請求サイトの特徴なので、複数サイトに登録するのも良いでしょう。

集客成功のため、資料請求サイトを上手に利用しましょう!

注目

資料請求サイトとしても注目のEMEAO!ですが、成功事例などを紹介する専用サイト『もっと知る!EMEAO!』を運営しています。
「初めてのWEB集客で資料請求サイトに興味があるが、もう少し詳細が知りたい……」という方はぜひ一度ご覧ください。
もっと知るエミーオ!はこちらから

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アポカレッジ2代目編集長。当初は営業職として入社するもなかなか結果振るわず、約1年前からインサイドセールス&マーケッターに転籍。BtoB領域のリード獲得業務に従事するとそこでメキメキ成果を上げこの分野に傾倒していく。マーケターとしてはまだまだ新米だが意欲は十分、一流のBtoBマーケターを目指して奮闘中!Twitter個人アカウントのフォロワーが6か月で5,000名を突破!

目次
閉じる