コンテンツマーケティングの定義
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回はコンテンツマーケティングの定義について解説します。

コンテンツマーケティングとは、見込み客にとって有益な情報を発信し、興味・関心が高まった際に自発的に問い合わせや申し込みをしてもらう施策の事を指します。

コンテンツマーケティングはブログによる情報発信やホワイトペーパー作成、自社セミナー開催なども含まれる総合的な施策です。
SNSやYoutubeによる情報発信もコンテンツマーケティングに含まれる施策だと言えるでしょう。

コンテンツマーケティングが脚光を浴びるようになってきたのは、インターネットの発達と大きな関わりがあります。

従来のテレアポや飛び込み営業は、見込み客の側からすれば情報収集の機会でもありました。
有益な情報を持っている営業から情報を得て、それを意思決定の材料にしていたのです。

それがインターネットの発展が進むにつれて、検索すれば自力でかなりの情報収集が可能になっていきました。
見込み客自身が効率よく情報収集を行うことで営業担当者に頼らなくても意思決定を進めていけるようになったのです。

すると、見込み客の人たちは有益な情報が充実しているサイトを参考にするだけでなく、運営する企業のサービスにも興味を持って問い合わせるようになっていきます。
「有益な情報を持っているという事は、専門的なノウハウを持った信頼のおける企業である」と見込み客が考えるようになったのです。
これは裏を返すと、有益な情報を積極的に発信する企業が顧客から選ばれるようになったという事になります。

このような大きな流れの中で、自社の持っている知識やノウハウをブログ記事を中心としたコンテンツにしていき集客に活用するというコンテンツマーケティングが発展していったのです。

現在でも、大きな流れではコンテンツマーケティングが隆盛を誇っているので、基礎的な概念としてぜひ押さえておきたいところです。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。
『EMEAO!(エミーオ)』で新規集客しませんか?

BtoBマッチングサイト『EMEAO!(エミーオ)』では掲載業者様を募集中!
「簡単・手軽・格安」で高品質案件をゲット出来ます。

姉妹サイト『もっと知るエミーオ!』では問い合わせ事例などの極秘情報を大胆に情報提供中!

この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事