広告・営業の文脈における『クリエイティブ』とは
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回は、広告分野における「クリエイティブ」という用語について解説します。
広告における「クリエイティブ」とは、制作物や制作物に利用した素材のことを指します。

本来のクリエイティブは、「創造的な」を意味する英単語ですが、広告の現場においてはこのような使い方をする場合が多くなります。
例えばチラシ・広告用のランディングページ・広告用バナー・ダイレクトメールなどを「クリエイティブ」と呼ぶような使い方をします。

また、「クリエイティブ」が指す範囲も人によって多少変化します。

素材に使った画像と、その画像を使用した完成品をクリエイティブというだけでなく、キャッチコピーや本文の文章もクリエイティブと呼ぶ人がいます。

例えば、「メルマガ」をクリエイティブと呼んでいる人がいたら、メルマガそのものをクリエイティブと呼んでいるでいる場合と、メルマガの本文の文章をクリエイティブと呼んでいる場合などが考えられるのです。

ある人が「クリエイティブ」といった場合、どこまでを指すのか注意深く確認したほうがよいでしょう。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。
『EMEAO!(エミーオ)』で新規集客しませんか?

BtoBマッチングサイト『EMEAO!(エミーオ)』では掲載業者様を募集中!
「簡単・手軽・格安」で高品質案件をゲット出来ます。

姉妹サイト『もっと知るエミーオ!』では問い合わせ事例などの極秘情報を大胆に情報提供中!

この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事