売上アップには何件アポが必要かシミュレーション
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回はアポを獲得する必要性について考察します。
売上アップするためにはアポを獲得することが基本中の基本です。

ところで、具体的には何件アポを獲得出来れば売上がアップするのでしょうか?

闇雲に行動しているとロスが増えて遠回りとなってしまいますよね。

そこで今回の記事では、売上アップに必要なアポ獲得数をどのように算出すればいいのか、実際にシミュレーションをしながら解説します。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。

売上目標を決めてシミュレーションをしよう

まず決めないといけないのは売上目標です。

例えば一件10万円の商材を月間100万円販売したいとします。
その場合、次の基本公式を参考に簡単なシミュレーションをすることが可能です。

基本公式:売上=契約数×単価⇒売上=(アポ数×受注率)×単価

売上は契約の数と単価の掛け合わせであり、契約数はアポ数(商談数)と受注率の掛け合わせとなります。

この基本公式に色々と既に分かっている数値や、仮の目標数値を色々と当てはめてみると、スムーズにシミュレーションをすることが可能です。

 補足
厳密にいえば、アポと商談はイコールではありません。
リスケジュールやキャンセルの発生があり得るからです。
とはいえ、計算が煩雑になるのが嫌でやらないよりは、アポ≒商談とみなして手早く計算するほうが良いですよ

実際に必要なアポ獲得数をシミュレーションしてみよう

では実際に100万円売上アップするために必要なアポ獲得数をシミュレーションしてみましょう。

もしも受注率が10%だったとしたら必要なアポ数はどうなるでしょうか?

アポ数シミュレーション
100万円=アポ数×10%×10万円
アポ数=100万円÷(10%×10万円)
アポ数=100件

シミュレーションをしてみると、月間で「100件のアポ(商談)」が取れれば売上が100万円に到達するという事になりますね。

この「月間で100アポ獲得する」という目標が高いのか低いのかはまた別の話となります。
とはいえ、闇雲に色々な施策に手を出すよりは考えがまとまりやすいのではないでしょうか?

このように予め必要なアポ獲得数を整理したうえで、どの施策にトライすべきかを考えていくと良いでしょう。

売上目標から逆算すると必要なアポ数はすぐにわかる

今回は、具体的に何件アポを獲得すれば売上アップが出来るのかシミュレーションをしてみました。

簡単な公式を知っておくだけでも考えがまとまりやすいものです。

では実際にどのような施策を打てば十分なアポが獲得できるのかについては、アポカレッジでもどんどんお伝えしていきますので、ご期待ください!

『EMEAO!(エミーオ)』で新規集客しませんか?

BtoBマッチングサイト『EMEAO!(エミーオ)』では掲載業者様を募集中!
「簡単・手軽・格安」で高品質案件をゲット出来ます。

姉妹サイト『もっと知るエミーオ!』では問い合わせ事例などの極秘情報を大胆に情報提供中!

この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事