異業種交流会に参加する際の必需品3点セット
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回は異業種交流会の必需品について解説します。
異業種交流会に参加する際に必ず持っていくべきものが3つあります。

その3つの必需品の準備を忘れて参加してしまうと、せっかくのチャンスを無駄にする恐れがあります。

事前準備を怠らないことで、少なくともチャンスを逃すことは避けられるでしょう。

今回の記事を参考に、抜かりなく準備してください!

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。

異業種交流会の必需品3点セット

名刺

まず初めに忘れてはいけないのは名刺です。
社会人のマナーとしても持っておくのが基本です。

名刺を忘れてしまうと、「この人はビジネスマンとして信用できない……」と思われるリスクさえあります。
年配の方や礼儀作法に厳しいタイプの人に時折見受けられます。

個人的には「そこまで目くじらを立てなくても良いのではないか?」と思うのですが、成果を出すことが目的ならリスクを減らすことを第一に考えましょう。

また、名刺の作り方の記事で解説した通り名刺にこだわることで印象アップのチャンスを得ることも可能です。

名刺は必ず持っていくようにしましょう。

SNSアカウント

異業種交流会に参加する前に、人気のSNSのアカウントを開設しておくのがおすすめです。

20代から40代まで幅広い世代でSNSは利用されています。
名刺交換よりもSNSを見たほうが情報量が多くて良いというタイプの人も増えています。

実際に多くの人が誰かと知り合うとSNSで名前を検索するようになっているくらいです。

このような状況なので、SNSの情報が無いことが「情報感度が鈍い」「プライベートがつまらない」「隠したいやましいことを抱えている」とネガティブに捉えられるリスクさえあるのです。

逆にSNSを定期的に発信することで、「この人は健全な社会人生活を送っている」「関わりを持っても問題はなさそうだ」と判断してもらえることもあります。

これは10代、20代の若者のみならずそれ以上の年代の人にもじわじわと広がりつつある感覚です。

なので、Facebook、Twitter、Instagram、ビジネスマンならLinkedinについてはアカウント開設をして週一回でいいので投稿をしておくと良いでしょう。

名刺交換ならぬSNS交換によって、ビジネスチャンスが生まれる可能性があります。
決して疎かにはしないようにしましょう。

手帳とペン

手帳とペンも持ち運ぶようにしましょう。

受付での記録や、当日のアンケート回答の際に使う可能性があります。
また、セミナーや勉強会であれば内容をメモするためにも使うでしょう。

また、印象ダウンを避けるためにも重要です。
年配の方など話を聞く際にメモを取るのが好ましいと感じる人はまだまだ多くいます。
スマートフォンでメモを取っていると悪い印象を持たれる可能性があります。

ちょっとしたことでせっかくのチャンスがふいになるのも損なので、念のためメモを持ち歩くようにしましょう。

名刺・SNS・手帳とメモを準備して異業種交流会に参加しよう!

今回は異業種交流会の必需品について解説しました。

名刺や手帳・メモは当然のこととして、現在ではSNSも疎かには出来ません。

悪印象を避け、出来るだけ好印象を得るためには上記の3点は欠かせないのです。

抜かりなく準備をして、まずは減点されてしまうリスクを回避してください!

実際にどの異業種交流会に行くか悩んでいる方向けに、オススメの異業種交流会を紹介する記事も書いているので併せて参考にしてみてください。

『EMEAO!(エミーオ)』で新規集客しませんか?

BtoBマッチングサイト『EMEAO!(エミーオ)』では掲載業者様を募集中!
「簡単・手軽・格安」で高品質案件をゲット出来ます。

姉妹サイト『もっと知るエミーオ!』では問い合わせ事例などの極秘情報を大胆に情報提供中!

この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事