おすすめコンテンツ
異業種交流会で営業活動をするデメリット(注意点)4選
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回は異業種交流会のデメリットについて徹底解説します!

特に個人事業主やフリーランスだと新規開拓の主軸となる異業種交流会。

異業種交流会で得た人脈から新規開拓につなげたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ただ、異業種交流会は営業活動としてみた場合、デメリットももちろんあります。
メリットばかり見ていると思わぬ痛手を被ることもあり得ます。

今回は、より良い営業活動に役立ててもらうために異業種交流会のデメリットについて解説します。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。

異業種交流会の4つのデメリット・注意点とは?

異業種交流会のデメリットは、大きくまとめると「ロスが多い」ことです。

足を使う手法なのである程度は仕方がないのかもしれませんが、戦略の無いまま当てずっぽうに行うとかなり採算が悪くなってしまう恐れがあります。

それでは、異業種交流会での営業活動のデメリットを4つに分けて詳細に解説します。

デメリット①:営業したい人ばかりの異業種交流会だと空振りになる

異業種交流会のデメリットの一つ目は、営業したい人ばかりの交流会に行ってしまう可能性があることです。

異業種交流会が売上につながる理由は、自社に有益な情報や新技術を求めている人と出会えるからです。
何かしらの興味・関心や課題がある人と自分の商品がマッチするからこそ、商談や契約につながるわけです。

ですが、異業種交流会によっては営業したい人のほうが多すぎて見込み客といえる人と全然出会えないこともあり得ます。

しっかりと交流会の評判などを確かめないと痛い目を見てしまうでしょう。

デメリット②:異業種交流会で営業を受けるのが嫌な人もいる

異業種交流会に参加する人の中には、営業を受けるのを嫌がる人もいます。

人脈作りというよりはセミナーに近い交流会などだと、「自分は勉強に来ただけなので勘弁してほしい……」と思う人がいるのは事実です。

また、通常の人脈作りの交流会でも会の雰囲気によってはあまり露骨なセールストークが嫌がられる可能性があります。
例えば、若手社員の人脈作りと仕事の悩み相談などを目的とした異業種交流会などです。

どのような異業種交流会なのか事前にリサーチしたり、当日の様子を見て周囲の様子に合わせたほうが良いでしょう。

このように異業種交流会には営業を受けるのを嫌がる人もいるので、結果的に営業活動としては全くの空振りとなってしまう恐れがあります。

これも異業種交流会のデメリットと言えるでしょう。

デメリット③:移動時間などを考慮すると効率が悪い

異業種交流会は、移動時間、拘束時間、それに対して名刺交換をして商談化する確率を計算すると必ずしも効果的ではない可能性があります。

例えば、移動時間が往復合計1時間で、会が2時間とします。
ここで名刺交換が出来たのが5件、正式にアポに繋るのは10%だとします。
そうすると6時間で10件の名刺を得て1アポということになります。

ある程度売上のある会社の経営者が自力でするとしたら、少々割高な手法かもしれません。

もちろん、長期的に商談につながったり紹介が得られたりする可能性はありますし、状況によっては多少効率が悪くてもやらなければならないフェーズもあるでしょう。

異業種交流会が本当に売上につながっているのか、シビアに見る必要があります。

限界CPAなどもしっかり計算して費用対効果が出ているのか確かめたいですね。

デメリット④:十分な予算を持っていない人も多い

異業種交流会で出会う人は十分な予算を持っていない可能性があります。

異業種交流会に参加しうるのは一担当者クラスのビジネスマンや、個人事業主、フリーランス、そしてある程度の規模の会社の経営者です。

最後の経営者の方は決裁権と予算を持っているキーパーソンだと言えるでしょうが、担当者レベルだと決裁権や予算がないことが見込まれます。
また、個人事業主の方だとまだまだ駆け出しで売上がおぼつかない人も多いでしょう。

このように予算がない人は、自社のターゲットになりえません。

しっかりと参加する交流会を見極めて予算のあるターゲットと出会えなければロスが多くなる可能性があります。

言い方は悪いですが「外れリード」が多く混ざり得るのは異業種交流会のデメリットだといえるでしょう。

異業種交流会は注意しないとロスが多くなる施策

今回は異業種交流会のデメリットについて解説しました。

異業種交流会は当てずっぽうにただ参加しているだけだとロスが大きくなってしまいます。

特に起業したばかりなどであればそれでもやるべきですが、出来るだけ戦略を立てていかなければ効果も期待できません。

やる以上は効果を追求して少しでも売上につなげていきたいですね。

ぜひ参考にしてみてください。

これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中。この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事