おすすめコンテンツ
成果報酬型テレアポ代行は本当にお得なのか?裏事情も交えながら考察
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回は成果報酬型のテレアポ代行が本当にお得なのか考察します

何かの施策のために予算を投下するとなると、費用対効果が気になるものです。

「出来るだけリスクが少なく大きなメリットが得られないものか……」

そのように考えるのが人情だといえそうです。

そんな時、興味深いのが「成果報酬型」のサービスです。
テレアポ代行における成果報酬型サービスとは、「アポが取れた分だけ費用を支払えばOK」というものです。
これはアポが無ければほぼ0円となり、リスクが一見するとほぼ無いお得なサービスに見えます。

実際に、成果報酬を謳い売り上げを伸ばしているテレアポ代行会社もあります。

ところで、成果報酬体系であればお得なのでしょうか?
実は、「テレアポ代行の成果報酬」の場合は、必ずしもお得とは言えないのです。

なぜかというと、成果報酬体系には大きな問題点があるからです。
それは、「成果が見込めない商材の場合テレアポ代行会社が消極的になる」というものです。

どういうことかというと、成果報酬体系はアポが取れなければテレアポ代行会社の売上にはなりません。
比較的アポが取りやすい商材であれば売上が期待できるので熱心に取り組みますが、難易度が高い商材であると売上が期待できなくなり消極的になってしまうのです。
具体的には、コール数が少なめになったり、エース人材は割り当てられないというケースが想定されます。

もっと露骨になると、「他のクライアントへリソースを割く」との名目で営業活動自体を全く行わなくなる恐れもあります。
成果報酬体系はアポが取れなければ0円で支払いが発生しないため、責任が薄れてしまうのです。
もし月額固定費やコール数課金であれば、職務怠慢で法的措置を取られるリスクがあるので露骨なサボりは見られません。

「アポが取れなければ0円」というのは確かに魅力的です。
しかし、そもそもアポを取ってほしくて依頼しているはずなのにテレアポさえしてもらえない可能性があるというのは問題ではないでしょうか?

「費用は掛からなかった。でも成果も0だった」

これでは事前に色々と準備をしたり、毎月の成果報告を受ける時間の分、むしろ損しているといえそうです。

あるいは、最初から有料の広告や営業スタッフの採用などを行っていればもっと早くに売上が伸びていたかもしれません。
「稼ぎ損ない」や「儲け損ない」という意味での損失は出てしまっているかもしれませんね。

しっかり費用対効果を出すためには、敢えて成果報酬型のテレアポ代行は選ばないことも大切かもしれません。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。
これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中。この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事