おすすめコンテンツ
テレアポ代行サービスのメリット5つを解説
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回はテレアポ代行のメリットについて徹底解説します!

売上を着実にアップさせるために不可欠なのが「アポを獲得すること」です。
受注率など他にも重要な要素はありますが、アポが0件だとどうしようもありません。
まずはアポ自体の数を増やすことが売上アップの第一歩なのです。

そんなアポ獲得をするうえで検討したいのが「テレアポ代行」です。
BtoBマーケティングにおいて主力の施策であるテレアポを、専門業者が代行してくれます。
一体テレアポ代行を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は、テレアポ代行のメリットについて解説します。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。

テレアポ代行のメリット5選

理由①:テレアポのプロだからアポが取れる

テレアポ代行の一番のメリットは、「アポが取れる」ことです。

テレアポ代行会社に依頼をすると、一定の研修を受けたスタッフがテレアポを行ってくれます。
さらに、数年単位のテレアポ経験を持つ熟練スタッフが対応してくれる会社もあります。

テレアポのプロが自社サービスのテレアポを行ってくれるので、標準的なアポ率である1%はもちろん、それ以上の確率でアポが取れることも期待できます。

よほど営業に強い会社は別として、自社の社員が皆テレアポに慣れているということは中々ないのではないでしょうか?
担当者が皆水準以上のスキルを持っているとしたら、大変心強いですね。

プロの依頼することで効果的にアポが取れるのは確かなメリットだといえるでしょう。

理由②:営業そのものに集中して効果アップ

テレアポ代行の次のメリットは、提案に集中することが出来ることです。

一般的な新規開拓では、営業スタッフがアポの獲得から提案まで自力で行います。
自分でテレアポをして、アポが取れたら自分で提案をする「自アポ自営業」のスタイルです。

今でも多くの会社で実施しているやり方だと思いますが、テレアポの時間で圧迫されてしまうというデメリットがあります。

テレアポで多くの時間を取られて肝心の商談の準備が十分にできなくなってしまっては本末転倒です。

テレアポ代行会社に依頼をすると、テレアポの負担を引き受けてもらえます。
営業スタッフはテレアポ代行会社が獲得したアポに対しての準備と商談に集中できるのです。

結果的に商談のクオリティーも上がり、受注率が改善することも期待できます。

営業スタッフの負担を減らすことで受注率向上に良い影響を与えることも、テレアポ代行のメリットと言えるのではないでしょうか。

理由③:インバウンド対応も依頼することで反響のアポを逃さない

テレアポ代行会社の中には、受電業務やメール対応も行ってくれる会社があります。
これは「インバウンド対応」という業務なのですが、テレアポ代行会社に依頼することでアポの取りこぼしを防ぐことが可能となります。

通常、折り返しの電話やメールでの問い合わせは受付の人が対応し、営業スタッフにパスをすることとなるでしょう。
受付をした人から営業スタッフにメールやメモで連絡、気が付いた時に営業スタッフから再度連絡という流れになります。

このやり方だと、受付→営業でワンクッション挟む分対応が遅くなりますし、営業スタッフが商談や会議を行っていると対応がなされないまま宙ぶらりんとなってしまいます。
当日中に連絡が出来ればまだよいのですが、行き違いとなって連絡が取れないままだとそのまま音信不通となる恐れもあります。

せっかくアポに繋がるかもしれない反響を無駄にしてしまう可能性があるのは、大きな課題といえそうです。

もし、インバウンド対応をテレアポ代行会社に任せたら、このようなロスを防ぐことが可能です。

折り返しの電話が届いた場合は、担当者がその場で対応。
折り返す際も、30分以内など迅速に対応を行ってもらえます。
結果、興味・関心があるうちに着実にアポ獲得につなげてもらえるのです。

このように受電・メール対応に迅速にレスポンスをしてもらえるのもテレアポ代行のメリットです。

理由④:PDCAをスムーズに回せる

テレアポ代行会社に依頼をすることで、PDCAがスムーズに行われることも期待できます。

テレアポ代行会社の中には、テレアポのプロとしての知見を生かしながら結果分析やアドバイスを行ってくれる会社もあります。
そのような会社だと、施策が終了するごとにアポが取れやすい業界・業種の見極めや、断り文句の分析、トークスクリプトの改善などを行ってもらえます。
テレアポを通じて、実際のお客様とコミュニケーションを取っているため、非常に興味深い示唆が得られることもあるでしょう。

第三者の視点から見ることで、今まで気が付かなかった自社サービスの売りや課題に気が付くことが出来るかもしれません。
すると、テレアポの成果はもちろん、営業戦略そのものも改善も可能となるでしょう。

これはテレアポ代行の注目すべきメリットだといえるでしょう。

理由⑤:コストダウンになることも

最後に、テレアポ代行を依頼することで結果的にコストダウンになることもあります。

そもそもテレアポは効果が出るまでに様々なコストがかかっています。

人件費はもちろんですが、営業スタッフの採用コストや労務コスト、しっかり成果が出るまでの育成コストもあります。
もし、テレアポを行うためにわざわざ営業スタッフを採用しようとすると非常に大きなコスト負担をしなければならないかもしれません。

テレアポ代行会社に依頼をすると、これらの各種コストをテレアポ代行会社が負担してくれます。
結果的に、自社で採用等のコストを負担してテレアポを行うよりもリーズナブルになることがあるのです。

もし、テレアポに費やすコストが割高に感じる人にとっては注目すべきメリットだといえるでしょう。

テレアポ代行はプロが着実にアポを獲得してくれる施策!

今回はテレアポ代行のメリットについて解説しました。

テレアポ代行のメリットは突き詰めて言うと、「プロが着実にアポを獲得してくれる」という点に尽きるのではないでしょうか。

アポ獲得が売上アップのために非常に重要なことを考えると、これだけでも検討の余地があるといえるかもしれません。

さらに、受注率への好影響やPDCAにも役立ち営業力がアップできるとしたら、非常に魅力的な施策だといえますね。

テレアポ代行の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中。この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事