おすすめコンテンツ
【スタッフ紹介VOL.5】メディア運営チームの課長竹中をご紹介します
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
このページ皆様にEMEAO!により安心してご利用いただけますよう、EMEAO!運営スタッフのご紹介をしていきます!
今回は、BtoBマッチングサービスEMEAO! でサイト運営から集客全般を行うメディア運営チームの課長・竹中 崇紘(たけなか むねひろ)をご紹介いたします!

メディア運営チームとは、より多くの方に『EMEAO!』を利用して頂く為に、サイトの構築、リニューアル、SEO対策や広告運用などを行うチームです。
実業務としては、『SEO対策用の記事作成』『リスティング広告の運用』『LPO業務』『サイトの保守やリニューアル』『新規カテゴリーの立案や制作』などを担当します。
まさに、EMEAO! の土台となる部分を担う、重要な部門です。

プロフィール
[名前]  竹中 崇紘 (たけなか むねひろ)
[年齢]  32歳
[出身地] 栃木県

EMEAO! の生命線となるメディア運営チーム・竹中にインタビューを敢行!

Q.趣味を教えてください!

竹中:野球です!
高校では、地元をはなれ野球留学しました。寮生活で仲間とともに毎日練習に明け暮れました。
練習がキツすぎて当時は野球が嫌いになるほどでしたが、今では良い思い出です。
現在も毎週、草野球を楽しんでいます。

Q.休日はどんな風に過ごしていますか?

竹中
:基本的には毎週、野球をしています。
その他は、家族とゆっくり家で過ごしている感じです。

そもそも、なぜEMEAO!に参加したのか

Q.竹中さんはどのような経緯で EMEAO!に参加したのですか?

竹中:元々は、EMEAO! の前身にあたるお問い合わせサイトの営業責任者をしていました。おかげさまでこれまで600社を超える企業様とお取り引きさせて頂き、ご愛顧頂いていたのですが、一方でサービスに対してご満足いただけない企業様とも出会い、時には厳しいお言葉を頂くこともありました。サイトの売上自体は、順調に伸びていたのですが、なかなか抜本的な問題を解決できずにいました。

そんな時、より顧客満足度の高い「お問い合わせメディア(EMEAO!)」 を一から立ち上げることが決まり、取締役の黄からEMEAO!への携わり方に関して、色々な形でオファーを受けた中で、メディア運営チームとして関わることができれば、これまで解決できなかった抜本的な問題を自らの手で変えることができると思い、参加させて頂くことにしました。

Q.ちなみに 抜本的な問題とはどのようなことでしたか?

竹中BtoB のお問い合わせサイトは、新規顧客獲得の手段の一つとして非常に有効的なサービスなのですが、当時運営していたサイトはエンドユーザー(お問い合わせ企業様)がお問い合わせ先のサプライヤー(掲載企業様)を無制限に選べる仕組みでした。その為、相見積もり社数が増加することで競合過多を引き起こし、一部のサプライヤーの満足度が減少してしまいました。

また、EMEAO!のようにコンシェルジュが中間に入って案件の精査やマッチングを行っていなかった為、エンドユーザーとサプライヤーのミスマッチが起きてしまうことが大きな問題点でした。

しかし、この問題はEMEAO! ではすでに解消されているんです。

EMEAO! では、コンシェルジュによって案件のマッチング度合いが、より高いサプライヤーのみに厳選しご紹介します。さらにエンドユーザーへの紹介社数を限定することでサプライヤーの受注がしやすい仕組みになっています。

Q.メディア運営チームのやりがいを教えてください!

竹中:先ほど少し触れましたが、EMEAO!は、エンドユーザーにとっては利便性が高く、サプライヤーにとっても効率よく新規獲得ができるという仕組み自体は確立されています。今後、事業を拡大していく上で重要なのが、より多くの方にEMEAO! を利用していただくことです。その為に、メディア運営チームでは、利用者様を増やすべく日々試行錯誤を繰り返しながら奮闘しています。

実際にここ1年間では、利用者数が約5倍増えました。さらにここから半年間で2.5倍に増やす予定です。自分たちが日々行っている施策が、利用者数が増えるという形で成果が見えますので、すごくモチベーションになりますし、やりがいを感じます。

Q.印象に残っているエピソードを1つ教えてください!

竹中:喜びの声を聞けたときですかね~
メディア運営チームでは、サプライヤーに営業進捗状況のヒアリングをしています。
その際に、「この案件が決まって、売上数千万になりましたよ!」とか、、、
一番印象に残っているのは、数年間ご利用頂いていたお客様から「今では売り上げの9割がEMEAO!さんからの紹介ですよ」と言われたときは、嬉しさよりは驚きでしたので、すごく印象に残っています。

 補足
お客様の声 http://apocollege.com/interview01/ 参照ください。

Q.今後の目標を教えてください。

竹中:色々な方に発注先を探すなら『EMEAO!』だと認知してもらえるメディアにすることです。

 掲載検討中の事業者様へメッセージ

Q.EMEAO! の掲載をご検討中の事業者様に一言お願いします。

 竹中:私も元々は、たたき上げの営業として数千社の担当者様と対峙してきました。日々リスト作成からテレアポ、飛び込み営業をこれでもかというほど経験しました。まず受注をする以前に、商談の機会を頂くということは、非常に大変なことです。近年、コロナウイルスの影響もありこれまでのやり方では通用しないことも

増えてきています。皆さんも「新規開拓ができない」「アポが取れない」「営業するにしても何からやればよいかわからない」「WEB広告って成果出るの」「費用はそんなにかけられない」など様々な悩みがあると思います。

EMEAO! なら、そんな皆さんの悩みを解決できるサービスだと自負しています!

私も問い合わせをするとき「こんなこと聞いたらバカにされるかな」「こんなこときいたら恥ずかしいかな」などと考えたりして問い合わせを躊躇したりしますが、おそらく皆さんそうですのでご安心ください!お気軽にお問い合わせ頂き、どうすればよいか根掘り葉掘り聞いてください。
お電話かメール1本頂ければ、EMEAO! 担当スタッフより、皆さんの悩みを解決するべく真剣に全力で対応させて頂きます!

竹中が自信を持ってオススメするEMEAO! の今後に乞うご期待ください!

いかがだったでしょうか?
竹中の熱いメッセージは届きましたでしょうか。エンドユーザーとサプライヤーのニーズを知り尽くした竹中だからこそ、双方に高い満足度のサービスを提供できるメディアを運営できるわけですね。私も改めて、EMEAO! を通して皆さんのお役に立てるサービスを提供できているということを再認識できました。この機会に多少でもEMEAO!の中のことが伝わり、安心して頂けましたら幸いです。
これからもドンドン紹介していきますのでご期待ください!

これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中。この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事