おすすめコンテンツ
【異業種交流会】印象に残る自己紹介トークの作り方
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回は異業種交流会で印象に残ることが出来る自己紹介トークの作り方を解説します。
異業種交流会では、必ず自己紹介の時間があります。

この「自己紹介」で何を話すかによって、異業種交流会を通じた営業活動の成否が決まってしまいます。

それでは、一体のどのような点を押さえればアポ獲得につながる自己紹介が出来るのでしょうか?

今回は異業種交流会で印象に残ることが出来る自己紹介トークの作り方を解説します。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。

異業種交流会の自己紹介トークの作り方

早速、異業種交流会の自己紹介トークはどのように作ればいいか解説します。
異業種交流会において重要なのは「押しつけがましくなく興味を引く」ことです。

実際の所、異業種交流会に来る人の全てが見込み客になるわけではありません。
プライベート目的できた人も必ず一定数存在するからです。
なので、「見込み客が聞けば興味を持つであろう」という内容を簡潔に伝えて、興味を持った人からアポを取って詳細説明を行うのが重要です。

また、「PRを意識した自己紹介トーク」を作るのか、「コミュニケーションのきっかけとなる自己紹介トーク」を作るのかを決めておいた方がいいでしょう。

PRを意識した自己紹介トークとは?

PRを意識した自己紹介トークとは、自社サービスなどのメリットをコンパクトに盛り込むことで、そのトークだけでアポ獲得が出来るような自己紹介です。

例えばアメリカの起業家は「エレベータピッチ」といってエレベーターに乗った30秒~1分程度でメリットを伝えきるトークを練習するそうです。
しっかりとポイントを絞ってメリットを伝えればたった30秒でもビジネスにつなげることが出来るのです。

よって訴求すべきポイントをしっかりと練りこんでトークをすれば、自己紹介からそのままアポ獲得につなげることも可能だといえるでしょう。

ただ、相手のニーズがあるかないかわからない中トークをするので当たりはずれも出てしまいます。
トータルで成果が十分出ているのかは注意したほうがいいでしょう。

コミュニケーションのきっかけとなる自己紹介トークとは?

コミュニケーションのきっかけになる自己紹介トークとは、その後の会話が盛り上がることを意識した作りの自己紹介トークです。
後述するように、自己紹介の中に相手が質問をしたくなるようなポイントを混ぜていくことで短時間で打ち解けることを目的としています。

コミュニケーションを丁寧に行うことによって、相手の情報収集を自然と出来るというメリットもあります。
相手が何を好んでいるのか、どのような目的で今回の異業種交流会に参加したのかなどを会話の中で知ることが出来ます。

その結果、ニーズがあると確信してからセールストークに誘導していくことも可能となります。
なので、コミュニケーション能力が高い人にとっては一発でアポを取ろうとするよりもスムーズにアポが取れます。

ただ、交流時間に制限があるような異業種交流会だと十分に盛り上がって情報収集が出来る前に終わってしまうかもしれないので注意してください。

まずは両方を作ってみて、実際に試していく中で自分なりの必勝パターンを作っていきましょう。

アポ獲得につながる自己紹介トークを作るポイント5つ

自己紹介トークは1分程度で!

まずは、自己紹介トークは一分でしゃべり切ることが出来る長さにしましょう。

なぜかというと、初対面で盛りだくさんの情報を伝えても十分に伝わらないからです。

基本的にまだ相手の事を知らない段階だと、興味・関心はほぼ無いとみていいでしょう
逆の立場で考えてみても、ダラダラと脈絡もなく話が続いてしまうと興味・関心が薄れてしまうのではないでしょうか?

だからこそ一分程度でポイントを凝縮して伝えるのが良いのです。

そしてこの一分間の自己紹介の中で相手に印象を残して会話を盛り上げていくことが重要になります。

得意分野を絞ってアピールする

次に重要なのが得意分野を絞ってアピールすることです。
先ほどの「1分で伝える」とも関連しますが、あまり情報量が多くなっても相手は十分に受け止められません。

そこで、「これがサービスの一番のアピールポイントだ!」という点に絞って簡潔に伝えると良いでしょう。
短く端的に伝えるということは自然とエッジを利かせた表現になります。
自社サービスを理解すればするほど、効果的な表現が出来るでしょう。

また、伝える内容は「相手にとってメリットのあること」に変化してみることも大切です。
単なる機能、単なる経歴を伝えるだけでは相手には興味は持たれません。

例えば「IT業界に勤めていた経験もあり、IT業界独特の法律問題と解決策を熟知している弁護士です」とすれば、俄然興味を持たれるのではないでしょうか?

しっかりとあなたにとって一番のアピールポイントをメリットに転換してアピールしましょう。

親近感を持ってもらえるように工夫する

次に重要なのが、親近感持ってもらえるように工夫する事です。
親近感を持っている人の言うことは信用しやすいというデータもあるくらい、親近感は重要です。

たった数分で親友になる必要はありません。
しかし、ちょっとした工夫で少しばかりの親近感を持ってもらうだけでも、その後の会話の弾み具合やセールストークに移った際の反応が変わります。

それでは、親近感を持ってもらうためには具体的にはどうすればいいのでしょうか?
ポイントは、「共通点」「失敗談」の二つです。

共通点

共通点とは文字通り相手との共通点の事です。

出来れば相手に先に自己紹介をしてもらい、そのトークで出てきた話題をさりげなく自分の自己紹介トークに盛り込めると非常に効果的です。

コツとしては、相手が自己紹介をしてくれた後に2,3質問をして情報を引き出すことです。
相手の自己紹介にも何かしら自分が興味を持てる点があるはずなので、掘り下げて聞いてみましょう。
相手としても饒舌になり好感を持ったうえで自分の自己紹介を聞いてくれるようになるので、一石二鳥です。

自分から自己紹介する際は使いにくいですが、例えば自己紹介の前に服装などを話題に少しだけ雑談をしてから自己紹介を始めると良いかもしれません。

これは少し応用編のテクニックだと思いますが、可能なら取り入れてみてください。

失敗談

失敗談も人柄に興味持ってもらうために重要です。
失敗というのは誰でもしてしまう物なので、サラリと伝えると共感を得る材料になり得ます。

例えば、「道に迷ってしまった」、「名刺を切らしてしまった」などの失敗談を伝えつつ、「でも、今は同じ失敗をしないように準備しています」と伝えるイメージです。

この失敗の部分の解決策が自分のサービスに結びついてくるようであれば、さらに効果的です。

その場合、失敗の内容を少し重くして、後述するストーリー展開も意識してみると良いでしょう。

単に失敗談を伝えるというでも親近感を得ることは出来るものです。
自分の自己紹介にも上手く取り入れられないか考えてみると良いでしょう。

ストーリー仕立てにしてみる

特にコミュニケーションのきっかけを作りたい場合に重要なテクニックが「ストーリー仕立てにすること」です。
これは、自己紹介の中に物語のような展開を入れ込むことです。

例えば、「ある失敗をした→立ち直るきっかけがあった→努力した→今は成功した」というのが典型的なパターンです。
この「失敗からの復活」ストーリー自体が自分自身への興味・関心を高めることに繋がりますが、商品内容と関連しているとさらに効果的です。

実際に、コピーライティングやセールストークにおいてもストーリー性を持たせることで反応が大きく変化します。

あまり凝り過ぎると簡潔さが失われてしまいますが、意識してみると良いでしょう。

ツッコミ待ちの内容も入れてみる

もう一つコミュニケーションのきっかけが作れる方法として、自己紹介トークの中に「ツッコミ待ち」な要素を入れるというテクニックもあります。

例えば、「元々公務員だったが退職して独立した」「一部上場企業社員だったが農家をしている」などです。

意外性やギャップを入れて、解説自体はせずに置いておくのです。

そうすると「えっ!? それってどういうこと?」と相手の興味を惹きつけてコミュニケーションのきっかけにすることが出来ます。

一旦話が盛り上がってくると情報収集にもつながるので、ツッコミ待ちの内容にしてみるというのも一度試してみると良いでしょう。

異業種交流会の傾向も押さえて自己紹介トークは準備しよう!

今回は異業種交流会の自己紹介トークを作るポイントを解説しました。

異業種交流会の自己紹介トークは出来るだけ簡潔にしていきましょう。

その上で、メリットを打ち出していくのか、コミュニケーションを重視するのか、参加する異業種交流会の様子を見て決めると良いでしょう。

一度、アポに繋がる「鉄板自己紹介トーク」を作ることが出来れば、営業活動の効果が飛躍的に上がります。

ぜひ、今回の記事を参考に作ってみてください!

これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中。この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事