おすすめコンテンツ
BtoB比較サイトをまとめてご紹介!人気の6社を厳選!
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回はオススメのBtoB比較サイトをご紹介します。
新規開拓をするうえでぜひ一度検討したいのが比較サイトです。

簡単・リーズナブルに多くのリード獲得が出来るサービスです。

ただ、比較サイトは驚くほど多くの数があり、自社にマッチした比較サイトを探すのは実は難しいのです。

そこで今回は、実際に比較サイトを運営している業者の立場から、「BtoBに絞って」オススメの比較サイトをまとめてみました!

競合調査をする中で得た実態も含めてご紹介するのでどうぞお楽しみに!

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。

BtoBでオススメの比較サイトを6つご紹介!

EMEAO!(エミーオ)

EMEAO!(エミーオ)は、コンシェルジュ型の業者紹介サービスです。

特徴はリードの品質の高さです。

ユーザーからの問い合わせを担当者が全件ヒアリング。
冷やかしや情報収集のみの問い合わせはスクリーニングをしています。
実際に、問い合わせの約半数が発注にまで至るなど、真剣度の高さが特徴です。

特に「清掃業者」「消毒・除菌」「防犯カメラ」「LED照明」については業界でもトップクラスの集客力を誇っています。
上記の商材を扱っている企業の方は、一度問い合わせてみると良いでしょう

アイミツ

アイミツはコンシェルジュ型の一括.jp見積もりサービスです。

コンシェルジュによるヒアリングとシステムによる振り分けが特徴。
複数の検索キーワードで一位を取るなど集客力には定評があります。
特に「HP制作」「システム開発」の分野については創業当時から案件数が多く定評があります。

HP制作やシステム開発で新規開拓を考えている方は、一度検討してみると良いでしょう。

 

発注ナビ

発注ナビはシステム開発に特化した比較サイトです。

IT専門メディア運営会社のグループ会社によって運営されており、システム開発の案件数については定評があります。
こちらはコンシェルジュもITの専門知識を持っていることを謳っており、特にシステム開発案件の品質については自信を持っているようです。
また、いわゆる「挙手制」のマッチングシステムを導入しており、ある程度事前に情報を確認してからアプローチを決められるのが特徴です。

広告リスクが比較サイトの中でも特に少なめなので、システム開発会社の方にとっては有力な候補となるでしょう。

比較ビズ


比較ビズは比較サイトの中でも老舗のサイトです。
掲載にかかる費用もリーズナブルなのでお手軽に試せる点が特徴。
総合的に幅広いカテゴリーを有しているのですが、特に「士業」のカテゴリーを持っているのが特徴です。
社労士や税理士の方がWEB集客にチャレンジする際は、検討してみたいサイトです。

ReadyCrew(レディくる)

ReadyCrew(レディくる)もコンシェルジュ型の業者紹介サービスです。

大きな特徴は「全案件、担当者が訪問・WEB会議によって商談済み」という点です。
担当者が初回訪問部分まで踏み込んで対応してくれるので、もはや営業代行サービスと言っても良いでしょう。

その分、単価も今回ご紹介するサービスの中では一番高額です。
ただ、ユーザー・専門業者の両側に担当者が付くなど手厚い仕組みなので当然なのかもしれません。

手軽さよりは品質という方は、ぜひ検討してみると良いでしょう。

イプロス


イプロスは製造業に特化した比較サイトです。
「電子部品・モジュール」「機械部品」など、WEB集客で獲得するのが不可能と思われる分野の案件の集客が可能です。

BtoBの中でも製造業はルート営業や展示会出展ぐらいしかなかなかリード獲得の手法が無いので、貴重な存在だといえるでしょう。

 

バランスの良いEMEAO!・アイミツがオススメ!

今回はBtoBに絞っておすすめの比較サイトをご紹介しました。

比較サイトはニッチなものも含めたら無数にありますし、残念ながら十分に機能していないサイトも多くあります。

今回ご紹介したサイトは運営年数も長く一定の信頼が出来るサイトだと考えています。

特に総合的なバランスの良いEMEAO!、アイミツを選べば間違いないでしょう。

興味のあるサイトを見つけたら、ぜひ一度問い合わせてみてください!

これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中。この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事