おすすめコンテンツ
学習に重要な『量質転化』とは?基礎知識を解説
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回は『量質転化』という考え方について解説します。

量質転化というのは、「まずはたくさんの量をこなすことによって質が伴ってくる」という考え方です。
何かを勉強する際の基本となる考え方です。

主に受験勉強やスポーツの文脈で使われる用語ですが、営業活動においても重要です。

営業活動においても、まずは一定の量をこなして慣れていくことが大切です。
具体的には、テレアポを一日10件するだけの人と一日100件する人では、一日100件する人のほうがより高いスキルを獲得できる可能性があります。
一定の量が増えて慣れていくことで、結果的に質を向上させる余裕も出来てきます。

 補足
私も営業マン時代に一日100件電話することで、アポ率平均3%とレベルアップが出来ました

最終的には、質が伴った高いスキルを獲得できるという考え方が「量質転化」の考え方です。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。
これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中。この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事