おすすめコンテンツ
テレアポとはそもそも何?テレアポの定義など基礎知識を解説します!
編集部員 田村
皆さんこんにちは!アポカレッジ編集部員の田村です。
今回は営業活動の基本中の基本『テレフォンアポイントメント(以下テレアポ)』の初歩的な解説となります。

アポ獲得について考える際に、まず思い浮かべるのが「テレアポ」ではないでしょうか?

いわゆる営業手法として一番有名かもしれませんね。
実際にBtoBマーケティングのアポ獲得手法としても、非常に基本です。

今回は、そんなテレアポについて解説します。

 本記事は新人マーケター田村の主観を多分に含んでおります。アポカレッジ!は皆様と共にステップアップをすることを目的としたメディアですのであえてこのようなスタイルでお届けしております。情報の取り扱いは皆様の自己責任にてお願いいたします。

テレアポの定義とは?

まず、テレアポの定義についてご説明します。

テレアポとは、営業電話をかけてアポ獲得を目指す手法のことです。
「テレフォンアポインター」の略称であり、アポ獲得の手法自体も指します。

BtoBにおけるアポ獲得の手法としては非常にオーソドックスで、どの業種でも取り入れることが可能です。

例えばOA機器会社や人材サービス会社、広告会社など営業を積極的に行っている業界ではテレアポでのアポ獲得が主流です。
経営コンサルティング会社などもテレアポでアポを獲得することが可能です。

なお、BtoC向けの手法としても非常にオーソドックスです。

例えば投資用不動産の営業電話を受けたことはありませんか?
電話番号さえ分かれば消費者に直接アプローチをすることが出来るので、積極的にテレアポを行っている会社もあります。

ちなみに、アポ獲得にとどまらずそのまま商品を販売することもあります。
こちらは「電話営業」と呼ばれることが多いですが、そのままテレアポと呼ばれることもあります。

BtoBマーケティングにおけるテレアポの立ち位置

テレアポは、リード獲得の手法の中では「プッシュ型」の手法になります。
プッシュ型の手法は、自分たちで能動的に取り組むことが出来る手法を指します。

ポイントは「自分たちで能動的に」という部分です。

プッシュ型の手法は自分たちがアポを獲得したいと思ったときに、獲得したい分だけのアポを獲得出来るように働きかけることが可能です。
これは、広告など反響の獲得を目指すプル型の手法とは大きく異なるポイントです。

なので、「これから新規開拓を始めたい!」と思っている人や、「プラスαのアポが欲しい!」と思っている人は大いに取り組む価値があるでしょう。

テレアポは能動的にアポを取りに行ける即効性の高い手法

今回はテレアポの基礎的な知識についてご説明しました。

テレアポはBtoBにおいては非常に基礎的なリード獲得の手法です。
特に「自分たちから能動的にアプローチ可能」という点が特徴です。

これから積極的に新規開拓を始める方は、一番初めのアポ獲得手法としてぜひ検討してみてください。

これを見ればEMEAO!のすべてがわかる!

サービス開始以来の相談件数・登録企業数の推移なども大公開。また、EMEAO!が満足度の高い事業者マッチングを実現するためにどのような取り組みをしているのかもわかりやすく解説しています。極秘社内情報も限界ギリギリまで盛り込んだ、まさに決定版の資料をウェブ限定でプレゼント中。この機会に是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事